再生トナー 大切なこと

再生トナーの最も大切なこと

リサイクルトナーにとって最も重要な部分は値段ではなくて品質なんですね。多くの販売店では顧客が安心してリサイクルトナーを使うことができるようにと価格第一ではなくて、品質第一で営業しています。
ただ再生品という特性から予想することが難しい部品の消耗劣化などが原因によるトラブルが発生することがまれにあることも事実なんですね。そこでほとんどの販売店では自分のところで販売した再生トナーには保証を付けているんですね。多くのショップでは普通は1年保証ですが、最近ではそれよりも長く保証期間を設けているところも増えていて、中には10年保証とか永久保証なんていう会社も出てきていますね。保証期間の長さを販売店選びの参考にしてもいいかも知れませんね。リサイクルトナーの不具合が起きたときの対処法は返品ではなくて、基本的には代替品を送ってもらえます。リサイクルトナーの場合はどうしても不具合が起きることがあるので、万が一に備えて1本は予備として保管しておくことがリスクを回避するための常套手段といえそうですね。

 

 

高いと思いませんか?

プリンターのトナーカートリッジは高くありませんか?レーザープリンターも安くなってきたので思い切って買ったのはいいのですが、消耗品のトナーカートリッジがなくなった新しいのに交換しようとしたらその値段の高さに驚いた経験があると思います。それだけで新しいプリンターが買えてしまうような値段になってしまうからなんです。これはすでにご存じのようにプリンターメーカーでは本体を安く売って消耗品で利益を出しているという構図が見えてくると思います。そしてあまりにも高い値段はユーザーにとっては嬉しくないことです。そこでリサイクルトナーの出番になるわけです。コスト削減としてリサイクルトナーを使っている企業や官公庁が増えてきています。最近はリサイクルトナーの品質も昔と比べると本当によくなってきていますから。安心して使えると思います。

 

再生トナーの最も大切なこと関連ページ

店長日記その1
日記のページ
社長さんから聞いた話
会社の社長さんがカラープリンターを使っていることで感じたことを話してくれました。
社長の嘆き
リサイクルトナー製造会社社長さんの嘆き節です。
カートリッジはホントに高い
メーカー純正品のトナーは品質は確かに万全ですが、かなり値段が高いのネックですね。